2017年10月10日火曜日

【税理士が「やってもいい」だけ】

では、以前にお叱りを受けた話を一席。ある税理士の大先生が「ねぇ、杉山さん。もっと儲かるやり方を教えてよ」と言うので「では、一番儲かっている顧問先の社長を事務所の代表にしたらどうですかね」とウルトラC級の進言してあげたらすっごい勢いで叱られた僕だった。でも正直、そうは思いませんかね?例えば、中古車販売業や花屋や洋菓子店でボロ儲けしている社長は何をやらせてもボロ儲けできると思いませんかね?ましてや消費期限が短くて油断すると腐るような生花や食材でボロ儲けできる社長だったら、消費期限どころか物理的に商品も在庫も仕入れもない税理士事務所なんて笑いが止まらないくらいボロ儲けできるんじゃないですかね?確かに税理士業を行うには税理士資格が必要だが、税理士法人や税理士事務所を運営するのは誰が代表でもまったく構わない。現にJALを復活させた稲盛和夫氏はパイロットの資格など持っちゃいない。むしろその資格、業界の常識や慣例などに固執しているからこそ、できる仕事・儲かる仕事がまったく見えない、いや見ようとしないんじゃないですかね?病院もそう。幼稚園もそう。代表は医者じゃなくても幼稚園教諭じゃなくてもいいんです。むしろそうじゃないほうがいいんです。
http://www.zeirishijimusyo.com/


2017年10月3日火曜日

【DNAはあてにはならない】

愛知県の三河地方で数店舗の薬局を経営するオーナーが「ったく、うちの息子はヤル気があるのかねぇ。どう思います?」と嘆き節で問い掛けてきたので「一生懸命やっていると思いますよ」と無難な回答で逃げた僕だった。しかし、腹の中では「あんたは薬や商売が好きで始めたけどね、当の息子が同じように好きとは限りませんよ。それに40年前にはスギ薬局どころかライバルなんてほとんどいなかったじゃん」とつぶやいていた。初代はそれが好きで始めたかもしれないが、経営のセンスうんぬんは別にして、二代目はそれが好きだとは限らない。ましてや三代目以降ともなると、その業界を取り巻く環境が初代の頃とは天と地ほど変わってしまっている。現に僕は200年近く続く佃煮屋を継ぐために弁護士をあきらめた優秀な若者を知っている。だったら、最初から東大の法学部なんかに入らなきゃよかったのに。そして、代が変わるごとに必ずといっていいほど商売の能力は薄まっていく。だって「好きで始めた人の能力」が最強に決まってるじゃん。だからこそ自分の子どもには、喜んで跡を継ぎたくなるような2つの御膳立てが必須となる。それは「すっげぇ儲かっている状態にしておくこと」と番頭や他の社員にはできない「その者にしかできない仕事を与えること」だ。いずれにしても初代のDNAは薄まるばかりだ。
http://www.zeirishijimusyo.com/