2017年9月26日火曜日

【異端児のススメ ~枠からはみ出ろ!】

「去る職員 資格がなければ ただの人」という川柳があるかどうかは別にして、たまに「税理士資格がないのによく独立できましたね」と言われることがある。あのね、税理士資格が必要なのは税理士事務所を開くときだけなの。カフェや和菓子屋を開くのに税理士資格なんて何の役にも立たないでしょ。それと同じ。僕自身は税理士事務所をやっているわけではなく、サウジアラビアの石油の如く溢れ出る知識と知恵をもとに税理士事務所のお手伝いを行っている。正直、資格を取っていなかったからこそ今、食っていけていると確信している僕がいる。それはなぜ?そう、資格商売で稼ぐことは非常に難しいからだ。だって、その狭い枠の中だけで売りを立てることしか考えなくなるから。そもそも税理士だったら税理士法、弁護士だったら弁護士法に則った業務しかできないが、その気とやる気さえあれば本来業務の延長線上でできるものや人材活用術などいくらでもあるのに、端(はな)から考えようとしなくなるし考えられなくなってしまう。例えば、司法書士なら小難しい法律相談を受けるよりも抵当権の設定登記を数こなしたほうが楽とかね。資格があるから、手に職があるからこそ「その業界の常識」という狭い枠の中でしか考えないし考えられない。万が一、その枠からはみ出ようものなら同業者たちから「業界の異端児」扱いされるためビビっておとなしく右へならえをする。だから、十把一絡げで沈みゆくのだろう。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿