2017年8月29日火曜日

【これ、本当に必要か?本当にやりたいか?】

ONE FOR ALL, ALL FOR ONE. 直訳すると「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という有名な言葉だが、この僕には連帯保証人のキャッチフレーズにしか聞こえない。連帯保証人の真逆を突き進むこの僕の連立方程式が「君のものは僕のもの、僕のものは当然、僕のもの」。そこで先日、36歳の社長から「会社を伸ばすコツって何ですか?」と尋ねられたので「伸ばすコツはよく知りませんが、コケるツボなら過去の統計上、完璧に分かります。やらなきゃいけないことをやらないからコケるんじゃなくて、やらなくてもいいことに手を出すからコケるんです」と答えた僕だった。例えば、デパートで「これ、欲しい!」と目の前の商品に一目ぼれしたとき「ちょ待てよ。これ、本当に俺は欲しいのだろうか?」と冷静に自問自答してみよう。きっと97%以上は必要のないものだろう。それとまったく同じ。「これ、やろう!」と新たな事業を思い立ったとき「ちょ待てよ。これ、本当に私はやりたいのだろうか?採算は合うのだろうか?」と冷静に自問自答してみよう。まずほとんど意味のないものだろう。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿