2017年8月8日火曜日

【汲み取れない&気が付けないのは致命的】

先日、この僕たちが提供する商品に対してお客様である税理士から「顧問先からの反応がないんだけど・・・」っぽいご相談があった。「ふ~ん。でもね、全国の200社以上の税理士事務所が満足して利用しているんだよ。どうしておたくだけダメなのかしら?」とココまで出そうになったが、1円の得にもならないどころかリスクしかないのでやめた。数日後、その事務所まで出向き、所長と熱く語っていると人の良さそうな顧問先の社長が訪れた。そこで「○○事務所通信、読んでますか?」とこの僕が尋ねると「読んでるよ。あれ面白いよね。特に4コマ漫画の部長はうちの上川部長にそっくりで女子社員たちにも大ウケだよ」と。当然、この僕はほくそ笑むどころか、この世のものとは思えないほどのドヤ顔になった。お客様は満足している。それに気付けないということが致命的なんだ。お客様はイチイチ「今回の記事は爆笑だね」「あなたの会社の製品は素晴らしいね」とは言わない。が、それがなくなると「あれ、どうしたの?やめちゃったの?」「製造中止になったの?気に入ってたのに・・・」と嘆くだろう。そうなってから気付いても遅いし、このように先を見る目が皆無に等しいトップの会社に明るい未来は訪れない。健康な人は「今日も歯茎の調子が最高だ」「朝から肝臓と腎臓が喜んでるぜ」とは思ってもいない。その状態が当たり前になっているんだ。そして健康を害したときはじめて気付く。だが、そうなってからでは遅い。一事が万事。我々のサービスに限らず、日頃の業務に関してもお客様の内なる心を「汲み取る」「気付く」という習慣がベリー・インポータントだ。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿