2017年2月10日金曜日

【そうだ、繁忙期をなくそう!】

今年も確定申告の時期となりました。間違いなく税理士事務所は全国レベルでモーレツに忙しいだろう。ってことで、表題に飛んで「そうだ、繁忙期をなくそう!」という話だ。「えぇ!そんなこと絶対に無理じゃん!」という者は多い。でもね、よく考えてごらん。よく考えなくても分かると思うけど、無事に今年を乗り切ったところで来年も同じ作業が待っているんだよ。それどころか再来年もまたその翌年も・・・。そうです、確定申告は永久に不滅です。「ったく、そんな好き勝手なこと言って大丈夫?」。ハハハ、ご心配はご無用さ。このお忙しい時期にこんな記事を一言一句、丁寧に読んでいる税理士は滅多にいないから大丈夫だお。では、話を元に戻そう。「繁忙期をなくそう」とすると、みんな仕事を削ることばっか考えるよね。その逆だよ。確定申告の時期が忙しく感じないくらい5月も8月もその他の月も忙しくすればOKだ。「忙しい」というのはあくまでも感覚の問題。同じ仕事量でもそうは思わない者もいる。ならば、その他の月も異業種交流会などそれまでなかった新しい仕事を増やして一年の仕事量をフラットにしたらどうだろうか。それにより当然、売上も伸びるがね。このやり方で見事に万年赤字から脱出したという、滋賀ダイハツの後藤社長の講演を今から20年以上も前に聞いたことがあった僕だった。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿