2017年1月30日月曜日

【税理士業は絶対になくならない】

一人の若い税理士が「どうせ近い将来、税理士業なんてなくなりますもんね」と言った。へぇ~、そんなこと思ってんだ。そこで僕は「なくならない。なくなるわけないじゃん。なくなるのは面倒臭い記帳作業だけだよ。だから、むしろ大変喜ばしいことなんだよ」と正しい答えを言ったった。今回に限らず、この僕は正しいことしか言えない不治の病だ。世の中に税金がある限り、税理士業は絶対になくならないしなくなるわけがない。また、琵琶湖の水がすべて石油になってエネルギー資源が潤沢になっても税金はなくならない。それどころか、景気が良くなっても悪くなっても政府は〇〇税という新種の税金を作ってあの手この手で何気に徴収しまくるだろう。だから、それを中小企業や個人事業主たちに丁寧に説明してくれる税理士がいないと困るんだよ。でもって税理士業以外でもこの先、人工知能などが猛威を振るって仕事がなくなると思っている連中も多いが、なくなるのは「仕事」ではなく「作業」だ。つまり、むしろなくなってもらったほうがありがたい面倒臭い作業が消えるだけで、その本業自体はよっぽどのことがない限りなくなりっこない。ましてや難関の国家資格である税理士という一身専属性の専門職を既得権者と国会議員が絶対になくすわけがない。と、この僕が何の根拠も確証もない持論を熱く語るとその若い税理士はホッと安堵した表情で家路についた。今回もまた、将来のある若者に対して必要以上に勇気と元気を与えてしまったそんな気がする。
http://www.zeirishijimusyo.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿